あなたの家を守りたい
格安で耐震対策を行うなら、フルハウスへ
■サイトマップ
■サイトポリシー
■建築関係者様 専用ページ
全国電話無料相談
お気軽にお問い合わせください
0120-826-828
全国見積無料/施工対応いたします。
メーカー耐震保証書付き




昭和56年施行された、新耐震基準では家は倒壊することが実証されました。 上部構造評点を1.0にすれば「倒壊しない」とする基準は無意味であることが 解った。

ではどうすれば良いのか?

少なくとも、2000年以降の建築基準法に基ずく新しい「2000年基準」を基本に考えるべきです。特に倒壊原因の70%以上を占めるといわれている「ほぞ抜け」を防止することが効果的であるといえる。(建設省告知1352号・1460号)

とにかく、上部構造評点1.0を基本とする補強方法では命は守れない。

 


木造住宅専用「これだけはやっておかなければの耐震対策」
-23万円からできる耐震補強-

東日本大震災の発生を受けて、今後「日本全国どこも危ない!」、地震の場所や時期などは予測不可能との衝撃的提言が東大の教授から発表されました。

私は、阪神淡路大震災で悲惨な経験をして以来、二度と同じ経験をしてほしくないと、「安くて、簡単で、強い」耐震補強の開発、販売、施工に日々努力してきました。

この度の東日本大地震も阪神淡路大震災同様、木造住宅倒壊の原因の70%以上「柱のほぞ抜け」です。地震のときに「柱のほぞ抜け」が発生すると、家族は避難する間もないまま倒壊した家の中で命を落としてしまうケースが多くなってしまうのです。それが地震の怖さです。

ですから、古い木造住宅にお住まいの方は、、「倒壊の原因の70%以上の「ほぞ抜け」を防ぎ、最低限命だけは守りましょう。
私たちが開発した耐震補強パワープレートは、その「ほぞ抜け」防止耐震補強金具です。

製品開発において、私たちは「強い」のはもちろんのこと、「簡単」そして何より「安
い」に、とことんこだわってきました。

それは何故かというと、値段が高いと普及しないからです。

現在、耐震対策の助成金等が各地区の行政機関で発表されていますが、手続き
が複雑で申請の時間がかかりすぎる。また、申請したとしても予算の関係で認可さ
れないなどの問題が多いのが現状です。

一例ですが、助成金の30万が認められる為には、320万の工事費がかかる耐震
補強を、指定された工事業者に頼まなければならないとの事。結局何ヶ月先かに
受け取る30万円の為に、290万は先に負担しなければならないのです。

今後、いつ来るかわからない地震に備えて、最低限命を守る為の「木造住宅の耐
震対策」はなんとしてでも 早急に 普及させていかなくてはならない。 それは、阪神・
淡路大震災を経験した者として、建築業界にいる者として、実際の地震下におい
て古い木造住宅の被害を目の当たりにしてきた者の責務だと考えています。

そしてこの度、一日でも早く、一件でも多くの家に施工する事が私達の急務だと考え、直接販売、施工をスタートする事になりました。

これからは、「より安くて、簡単で、強い」耐震補強の開発は勿論、販売、施工も続けていきたいと強く思っています。

平成25年12月1日
株式会社フルハウス 
代表取締役
吉山 栄起


そこで、私どもが開発したのが、木造住宅専門の耐震対策。
「安くて簡単に、それでいてしっかりした耐震補強工事」を
家一軒(4箇所)最低23万円からご提供できます。
もちろん工事費込みで追加料金は一切かかりません。
*一部地域または現場の状況により、諸経費が発生する場合あります。

なんと23万円(工事費込み)でできる本格耐震補強工事


目安として建坪30坪未満の平屋・2階建ての場合。
基礎と外壁に段差がない場合
工事費込み \237,600 -
商品価格 NEWヘラクレスS-304
32,000円×5箇所
160,000円
基本施工費   12,000円×5
60,000円
合計    
220,000円
消費税    
17,600円
総合計(税込み)    
237,600円

業界の常識をブチ壊した価格です。 しかも、家全体(家の大きさ、家の形状によりますが、

平均4ヶ所に耐震補強をします)についての工事代金であり、
1ヵ所あたりの金額ではありません。 しかも!


追加費用は一切なし
不必要な見積をして高くなることは一切ありません。
また、耐震補強以外の工事をお勧めするということもありません。

最先端技術で生まれた耐震補強金具
実用新案登録の、F1マシンや航空機にも使われている最先端金属加工技術・最新素材で、家を壊さない耐震対策が可能になりました。

耐震工事は、たった1日で終了!
工事期間はたった1日、朝9時から始めれば、夕方の4時には完成します。

事前の準備は必要なし
壁を壊したり床をはがしたりしないので、 事前の準備は必要ありません。工事は家外からしますので、工事関係者が、お宅にお邪魔することもありません。

工事の様子を間近で、目で見て確認できます
屋根裏や床下など、目の届かない場所での作業ではありませんので、一部始終を見ていただくことができ、安心です。



【開発者の思い】
株式会社フルハウス 代表取締役 吉山

木造住宅倒壊の原因の70%以上は、「柱のほぞ抜け」です。 地震のときに「柱のほぞ抜け」が発生すると、家族は避難する間もないまま、倒壊した家の中で命を落としたり、大怪我をするケースが多いのです。それが大地震の怖さです。 ですから、その「ほぞ抜け」を防ぎ、命だけは守りましょう。

フルハウスの耐震補強パワープレート(ニューヘラクレス・スパルタ・タイタン)は、そのほぞ抜け防止耐震補強金具です。

私は、阪神大震災で悲惨な経験をしました。
皆様に、あの恐い経験をしてほしくない、と「安くて、簡単で、強い」耐震補強の開発に日々努力してきました。

「安くて、簡単で、強い」にこだわる理由

製品開発において、私は「強い」のはもちろんのこと、「簡単」そして何より「安い」にとことんこだわりました。その価格は、家一軒で23万円ほどです(形状によって多少の違いはあります)。

この価格設定は、ともすれば同業者などに反発されてしまうような価格で、そのため躊躇したのも事実ですが、やはり「安さ」にはこだわりました。

それは、安くなければ、耐震補強工事が普及せず、あの恐ろしい思いをされる方が多くなるからです。

-いつ来るかわからない地震に備えて、「木造住宅の耐震対策」はなんとしてでも普及させていかなくてはならない- これは、古い木造住宅の被害を目の当たりにしてきた者の責務だと考えています。

阪神・淡路大震災を経験した者として、建築業界にいる者として・・・。

技術の世界に終極点はありませんから、これからも新たな挑戦をし、よりよい耐震補強の開発を進めて参ります。



 
ホーム
耐震対策施工の流れ
料金プラン
資料請求
お客様の声
Q & A
無料見積
会社概要